月別アーカイブ: 2019年2月

喪服はパンツスーツでも良いの?マナー違反じゃないですよ。

私が喪服を購入した店舗は地元のショッピングモール内にあるサイズの豊富な衣料量販店でスーパーセンターイズミヤでした。
自分に合うサイズがなかなか置いているお店がなく、そのお店しか置いてなかったのが購入したお店を利用した理由です。
購入するときに重視するポイントとしては動きやすくデザインは派手なもので決しなくシンプルなもの。そして首回りが狭くてスカート丈はできるだけ長めのもので値段はリーズナブルなものを条件として探すことにしました。
最初は店員にアドバイスをもらおうかどうか悩みましたがそれはやめました。

私の中ではちょっと金額が跳ね上がるのではないかという思いがあり、別のお店で見た時には強引に勧められたこともあったので店員にはアドバイスを求めず、声をかけられましたがそれも断って全部一人で選ぶことにしました。
見つけるのに時間を数時間費やしましたがようやく条件にあったものが数着見つけることができた時には胸を一度なでおろしましたが試着して動きやすいかどうかとスカート丈は大丈夫かどうかを確かめてそれに合うものと候補として更に絞ることができました。

絞ったものからデザインはどれがよりシンプルなものでTPOとしてわきまえたデザインなのか、スカートに関してはスリットが入っていないものなのか、傷やボタンのほつれがなかったかどうか、また、ボタンに違うものが誤って付けられていないか、スカートに関してはスリットが入っていないものかなど慎重にチェックを何度も繰り返し見直ししてデザインもどちらの方がより自分にあっているものなのかも何度も見返しました。この時はパンツスーツでも良いかなと思ったのですが、一応スカートにしましたね。

※喪服はパンツスーツでも良いのか迷っている方の参考に・・・喪服パンツスーツ

やはりお金というものも大きなな金額が動くこともあり、また、喪服は冠婚葬祭という大事なまつりごとに使用するものなので軽い気持ちでは選べない自分がいたのでより一層襟を正してより慎重に、かつサイズなど自分の身体との相性、そして何より誰が見ても不快に感じないデザインのものを探すのに時間を要しましたが自分で納得するものができたということはいい経験を積んだと思いました。